カテゴリ:哲学者( 4 )

哲学者の幸せな日々

@tetsugakusha
午前二時半。夜に強い自分が嫌になる。


小川センセは夜型のようです。夜は真の自分の姿と向きあうには良い時間帯です。そんなセンセの悩みとは、

@tetsugakusha
ちょっと痩せてきました。おかげでいつも腹ぺこです。

最近気づいた。太ってるとか痩せたとかが話題になるのは、中途半端な体型の人。僕です。

メタボの腹はどれもよく似ている。新聞広告にドキッとすることがある。


どうやら、メタボのお腹のようです。でも頭脳明晰なセンセはちゃんと原因も分かっています。

@tetsugakusha
堅あげポテト(ゆずこしょう味)うまい。ドライに合う。あ、今飲み食いしてる不健康なものがバレた。深夜にこれじゃ腹も出るわ…。


もちろん、飲み食いするだけでなく、哲学者らしく神にも問いかけます。

@tetsugakusha
どうして神様は日本を勝たせなかったのか?


これはたぶんWCのことで、WWのことではないと思います。
高専教師としては、受験生への配慮も忘れません。

@tetsugakusha
最近のニュースは日本史の勉強になる。受験生、よく見とけよ!


ちょっとお酒がまわりすぎた気もしますが…。
調子が出ると、こんな軽口も飛び出します。

@tetsugakusha
タイムラインを見ていると、「家政婦は見たの」市原悦子の気分になることがある。「あら、いやだ…」。

田原総一朗の声が黒柳徹子と同じになってきたな。カツゼツの限界。

やっぱカントは違うな。菅とは違うな。


きじにゃあはセンセのこのセンスは大好きです。でも、なかなか真似のできるものではありません。
当然、たまには哲学にどっぷりと向き合います。

@tetsugakusha
夜中の3時です。飲んでますが、今から頭使います。静かでいいですね夜は…。

ヘーゲルの市民社会論にどこまで公共圏を読み込むかが問題。ちなみに私は、哲学史がひっくり返るほど読み込んでます。

さて、今からサンデルと勝負しようっと。


@rusuban_the_3rd
真夜中の小川センセ@tetsugakushaの爆笑ツイート三連発。ところで、長島センセ@nagashima21と小川センセ、結構気が合うんじゃないかしらw

サンデル先生と勝負できるくらいなら、その前に、僕と勝負して、軽く一蹴していってくださいな、小川仁志センセ。僕はセンセみたいに、自分のホームに呼びつけようとしたりはしません。イーヴンな条件の、ツイッタ上でやりましょうよ。「桜井誠の検察審査会を使った市民革命について」。

「桜井誠の検察審査会を使った市民革命について」。小川センセが圧倒的有利なテーマです。何せご自分が言い出した話なんですから。地の利もあります。桜井たち在特会が摘発された容疑は、小川センセご出身の“京都”の朝鮮“学校”への授業妨害なのです。学校教員の小川センセにこれまた有利です。


そんなTL上のつぶやきには目もくれずに、3日後の夜、

@tetsugakusha
今日はサンデル先生の授業に出てきました。目の前であの白熱教室を体験できて感激!そのへんのスターのコンサートより盛り上がってたと思います。


@rusuban_the_3rd
オ・メ・デ・ト・ウ


@tetsugakusha
今日安田講堂で3時間も授業を受けて感じたこと。学生って大変なんだな…。おしり痛ッ!

サンデル教授が現在世代は過去の戦争責任について、国を代表して謝るべきかと問いかけました。私は人類の一人として反省すべきというのがベストアンサーだと思ってます。誰も言わなかったけど。


@rusuban_the_3rd
興奮している(という設定の)オ・ガ・ワ・セ・ン・セ の洒脱なツイートに興味深々(←「それは興味津々」ば~い遠藤周作先生)。


@tetsugakusha
縦の文化の継続、広がりをいうなら、どうして横の広がりに目を向けないのか?つまり、コミュニティは今や不可避的にグローバル・コミュニティなのに。コミュニタリアンをきどる人たち、いったいどこ見てるの?


@rusuban_the_3rd
期待に違わぬオサレツイート。

小沢さんはコミュニタリアンで、桜井誠と在特会は横の広がりに目を剥けたグローバル・コミュニティ。賢くなりました(字数の都合で小俣雅子さん風は省略します)

「キャラとしての留守番」の原点に戻ってる感じがします。小川センセ、ありがとうw

@hismiy
「人類の一人として反省」って、「自分だけで反省」と大して変わらないよな。

@mochizuki_T
千の風邪もとい小川センセ、飛ばしてますなぁ。ただ、「戦争責任を世代間で引き継ぐ」のであれば「国家」の定義について考える必要があり、そこを逃げて「人類の一人として」って千の風邪さんらしい。しかも「誰も言わなかった」発言のドライヴ感が新しい(爆笑)


@kijinyaa
「人類の一人として」とした時点で、責任感も「地球人口分の1」になってる!(笑)

@hismiy
そうそう、まさにそんな感じです。

小川センセは、「ちきうしみん」の良いサンプルかもしれん。

@mochizuki_T
んー?米系共同体主義者にとってパターナリスティックな事を行う共同体の単位はStateだが、小川センセはそれをバーンと拡張するわけですか。実に面白い。

@hismiy
そもそも、グローバルコミュニティって何だろう?

まあ、確かに共同体が国家の単位に縛られる必要はないのですが。でも、それができるのはある程度恵まれた人ですからねえ。下手に「世界共同体」を目指すと、もともとあった共同体を壊すだけになってしまい、弱肉強食主義者の思うつぼ。

@mochizuki_T
世界共同体ですか(笑)。そもそも、米系共同体主義者のいうところの共同体というのは「国家を肯定する中間集団」であり国家を超えて世界的なユニバーサルなものに拡張するのは実にユニークですね。ディオゲネス的なコスモポリタン論にピョンと飛ぶドライヴ感がたまらないです。

そもそも、彼はアメリカにおいてリバタリアニスムとコミュニタリアニスムを分けるのが何か分かっているのだろうか?という興味すら湧いてきます。逆にいうとそこが分かっていないから自由にドライヴ出来る。恥をかくかどうかは別としてサンデル教授と決闘して欲しかったですね(笑)

また、共同体主義者のいう共同体について考えると、国と言う単位内での関係とそれを超越した単位でのそれとでは、実質的な「法の支配」その他のガバナンスが出来るかどうかの違いが焦点の一つになってくるように思われるのです。

後者ではパターナリスティックな制約による結果の平等(といかなくても正義)の実現は困難と私は見ます。世界政府による法の支配(UNはザル)はおろか、それを樹立・尊重する合意がない以上、国際関係なんて国内関係と比べればストリートファイトみたいなもんですから。

@hismiy
確かに、法を共有せずに相互扶助が成り立つ共同体なんて、家族同様の結びつきがなければほぼあり得ないでしょうね。「法の支配」は僕の考えているより重要なのかもしれません。 そろそろ寝ます。おやすみなさい。

お休みなさいと言いながら、もう一言。「同調圧力による支配」よりは「法の支配」のほうがまし、というのも一つの根拠でしょうか。


さすがに小川センセは高専教師だけあって、議論を焚きつけるのがうまいです。でも、議論のレベルががきじにゃあの頭の限界を超えちゃってます。ここは是非とも小川センセにがつんと…。あれ、センセ、とうに寝ちゃってますか?(笑)

きじにゃあは「哲学者」小川仁志先生を応援しています。
[PR]
by kijinyaa | 2010-08-26 02:02 | 哲学者

哲学者の正体

(この記事の前段となる「哲学者と法意識」はこちら、「哲学者ブームと哲学者」はこちら 合わせてどうぞ!)

@rusuban_the_3rd
「哲学者の法意識」を改めて読み返すと、僕らがそれを首肯するかは別にして、「右翼暴力団」による市民革命は有り得るし、「私は京都出身者としてチョン校のガキなんか庇う気ないんや」と云うこともできるんですよね、彼は…

そしてウィキペに拠れば(なので本当かどうかはわからない)、彼は司法試験を目指していたんですよね。ここは小沢さんと重なるし経歴でw、また、彼のような法意識の持ち主が、司法試験を志していたという恐ろしさもある。彼の発言を見ていると、議員になりたいんだろうなあ。


@kijinyaa
確かに議員になりたいという感じはしますね。せっかくなので、ここでは、「哲学者の正体」というテーマで、これまでの議論を元に「哲学者」小川仁志先生について、僕らなりに理解したことをまとめてみましょう。

実はこんなツイートを、これまでの記事を読まれた読者の方から頂きました。

@mochizuki_T
"自然"探求精神なき者、哲学者に非ズ。


@kijinyaa
これは、僕たちが小川センセに最初に抱いた印象も同じでした。たぶん一般的な反応だと思います。
その後、僕たちは、最初に留守番さんが気づいたことだけど、現代の哲学とは「自己保身のツール」にもなりうる、その程度のものだという結論に達しました。

@rusuban_the_3rd
少し訂正しておくと、「自己保身のツール」というのはフジヤマガイチさんの発言ですね。「哲学なんてその程度のもの」というのは、僕がここ数か月、小川君ヲチとは別に辿りついた結論です。「思想史」なら解るが、それ以上のものではない。


@kijinyaa
ちょっと端折り過ぎました。"「思想史」なら解るが、それ以上ではない"の意味は?

@rusuban_the_3rd
うーん。僕が〔「哲学」について“終わったものの思想史”以上の意味はないと思っている〕ということです。


@kijinyaa
分かりました。ここのところを正確に言い直すと、フジヤマガイチさんが東洋経済の「哲学」特集を読んで、「いつから哲学というのは、自己正当化ツールになったんだろう?」という感想を漏らした。

それに対して留守番さんは、現在の哲学そのものが既に“終わったものの思想史”であるとの認識を現在持っている。
きじにゃあは、古代ギリシャのように哲学が世渡りのツールであるような時代はとうの昔からあったんだという理解。

少しずつ違う点はあるが、現在の哲学が"その程度のもの"という認識では一致している。
そうした時代の哲学における小川センセのポジションというと…

@rusuban_the_3rd
小川君は、それを体現している人ではありますw


@kijinyaa
なるほど。

そして、哲学に抱いていた変な幻想を捨てて再度、小川センセの観察を続けたところ、留守番さんが小川センセの考え方は学者じゃなくて政治家のものだと気づいた。

そういうふうに見ると全てが腑に落ちる。センセの「市民革命」という発言は、法とか道理とかから出たものではなく、世論を見ての発言だと…

さらに東京新聞特報面で7月27日からセンセはその肩書を「政治哲学」に変えている。さらに、近頃やたらサンデンの名を口にしている。最初は新しい商売のネタと思ったけれど、さすが「転身力」の人(笑)、どうやら元からなりたかった政治家への道を本気で考えているのではないか?

ならば僕らがここでしておくべきことは、小川センセが政治家として相応しいかどうかの判断。

これは既に留守番さんが言われているように、司法試験を目指していた彼の恐ろしいほどの法意識の低さ。法や道理に優先して世論に迎合する発言。これらから判断すると、結論としては、残念ながら国民のためになる政治家として僕たちは推薦できません。もちろん、これは彼が現職の政治家に劣るという意味ではありません。むしろ彼に劣る政治家はゴマンといるでしょう。

ところで、その発言から見て小川センセは小沢さんを毛嫌いしているようです。例えば、

@tetsugakusha
明日の東京新聞に、またもや小沢さんを批判する私のコメントが掲載されます。多分この写真と同じ顔が出てると思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

それにしても小沢さんの会見は「あ~」で始まって、「う~」とか「え~」とかが多いなぁ。言葉を選んでいるのか、疲れてるのか、癖になってるのか。

今日授業でNo god but Godの説明をしたんだけど、まさに小沢さんはNo politician but Politicianだな。もちろん皮肉ですよ。

二度目の小沢氏不起訴を受けて、鳥越俊太郎氏はまだ市民が危ういとかいってますね。「12人の怒れる男」をどう思ってるんだろう?

それにしても黄門様はすごいわ。小沢一郎のことをメディアで「小沢君」と呼ぶのはこの人くらいだし。


@kijinyaa
小沢さんの話し方の癖にまで難癖つけてます。対して、渡部恒三さんについては「小沢君」と呼ぶことだけで絶賛していますw

彼の小沢さん嫌いの理由は、彼がいわゆる「オリジナル民主党」的な体質を持っているからではないでしょうか? 小沢さんが求める地道な街頭演説ではなく、テレビ・マスコミの力を利用して政治家になろうとするタイプの人、それをスマートだと考えるタイプの人だと思います。

@rusuban_the_3rd
細かなことだけど、小沢さんが求める中での「街頭演説」はワンノヴゼムにしか過ぎないんです。戸別訪問や、ポスター貼り、職域・地域の集まりを嗅ぎ付けて、どんどん顔を出すこと…一言で云うなら「地域活動」でしょうか。


@kijinyaa
そうです、そうです。「地域活動」という言葉が浮かばなくて、とりあえず「街頭演説」で代用しちゃいました。訂正します。置き換えて理解ください。

ということで、小川センセに対する僕らの評価も、僕らがいわゆる「オリジナル民主党」の人たちよりも小沢さんを評価するところに依存している部分は大きいと思います。
逆に「オリジナル民主党」の人たちを評価する人たちからすれば、小川センセはすんなりと受け入れられる人材かも知れません。

長々と僕らがしてきた小川センセの評価活動も、彼の本質が政治家であり、その帰結として彼が政治家を目指しているとすれば、十分に公益性のある有意義なものということができます。僕らの結論は「NO!」ですけどね(笑)。
もちろん最終判断はあなたが決めてください。

最後にひとこと、きじにゃあは自分にも他人にも基本的に甘い人間ですが、政治家・政治家になろうとしている人には厳しいです。
その理由は、「政治は人々を幸せにすることはできないかも知れないけど、不幸にすることは簡単にできる」と思うからです。したがって、きじにゃあが政治家・政治家になろうとしている人を見極めるポイントは、その人が社会をどのように見つめ、どのように関わり、対応しようとしているか、この点に尽きます。
そして、ツイッター上のたったひとつのつぶやきでも、この人に政治をやってほしいな、と思わされる人もいます。たとえばこちらの @tokuratakako さん。
それに対して小川センセはどうか? 最終判断はもちろんあなたにお任せしますが、参考にとして以下に小川センセのツイッターでの発言をいくつか載せておきます。

@tetsugakusha
ニュースを見てると、保険金殺人、ストーカー殺人…。今日もまた。

100人くらいフォローすると世の中が見えるっていうけど、さっぱり見えない。

枝野さんって意外と背高いんですよ。僕エレベーターで一緒になったことがあるんですけど、びっくりしました。ちなみに彼には、悪い意味で政治家向きだと言われました。

シティズンシップに関する論文読んでました。不明の高齢者にとってシティズンシップとは?

ロールズの言うとおりだ。この世は偶然に起因する不平等に溢れてる。誰もが「無知のヴェール」をまとって生きるべきだ。

孤独死、幼児虐待、コミュニティ論はこれにどう立ち向かうべきか?

夏休みは、公私の区分や家族について考えさせられる機会が多い。必然的にフェニミズムの問題意識につながってくる。お父さんの休暇に左右される家族、家父長制、オーキンのいう公私区分の再編…。嗚呼、これって職業病!


さらに、「哲学者の幸せな日々」へと続きます。

きじにゃあは「哲学者」小川仁志先生を応援しています。
[PR]
by kijinyaa | 2010-08-17 22:22 | 哲学者

哲学ブームと哲学者

(この記事の前段となる「哲学者と法意識」はこちら 合わせてお読みください)

@rusuban_the_3rd
「東洋経済」今週号の特集は<混迷する現代社会を生きるビジネスパーソンのための実践的「哲学」入門>。読んでみた。いろんな意味でダメダメだ。よく、「自分は人文系なので理系が弱くて」というようなことを云う人がいるが、実は最も弱いのは当の「人文科学」ではないのかしらん。


さて、告発者たる桜井誠の件を、全くスルーして、「検察審査会は市民革命」なる珍説を展開した“学校教師”小川仁志センセの本日もお気楽なツイート

@tetsugakusha
私も特集してもらっている『週刊東洋経済』、もう読まれましたか? すごくいい内容です。哲学ブームは本物ですね


@rusuban_the_3rd
俺も成長した。「バカ全開の」と書きたいところを「お気楽な」と、踏みとどまった。この成長を誰か褒めてください。僕は褒められて伸びる子なんですw


もう一度書いておきますが、「検察審査会は市民革命」なる珍説を披露した“学校の教師”である哲学者・小川仁志@tetsugakushaセンセは、告発者たる桜井誠の件を全くスルーするつもりなんだろうなあ。

小川仁志@tetsugakusha先生は、「哲学ブームは本物だ」と仰る。そんな小川センセが「哲学者」なるアカウントを使うのを、僭称だと以前は思っていたが、それは僕の間違いだった。「検察審査会は市民革命」と曰うセンスがまさに哲学なのだ。娑婆の知的レベルに哲学ブームはぴったりだ。

検察が裁けぬ悪を市民が裁いたので、「小沢起訴相当は市民革命」と、今年4月28日の東京新聞で、“実に哲学者らしく”主張された(皮肉じゃないよ。哲学者というのはその程度の人がなるものだとここ数ヶ月で僕が知ったのだ)小川仁志先生からのお返事は、ない。

まあ「TLの9割は意味不明」だと仰る、“実に哲学者らしい”理解力をお持ちの方なので仕方ない。

@tetsugakusha
タイムラインに並ぶつぶやきの9割が意味不明です(笑)。みんなもそう?


@gaitifujiyama
何かと話題の今週の東洋経済が目にとまる。「哲学」の特集で大前研一ねぇ。一瞬、手が止まりかけたが、読まずにアレコレ言うのもなんなので、取りあえず手を伸ばしてみるw


@rusuban_the_3rd
竹中平蔵もおるでよw 昔なら「こんなもの哲学かよ」と突っ込むところだらけの特集なのですが、「哲学なんてそのものが幻想・フェイクである」という実態を表した、大変いい特集ですw


@gaitifujiyama
東洋経済の「哲学」特集を読む。アレだ、いつから哲学というのは、自己正当化ツールになったんだろう?


@rusuban_the_3rd
僕の中での最新の考察では「最初から」だという結論にいたりました。小川仁志センセ@tetsugakushaに感謝。


@gaitifujiyama
先程までNHKBSで映しだしていた戦争の醜悪さと手元にある東洋経済の哲学特集の中身の軽さがなんとも言えない気分にさせる、そんな熱帯夜


小川仁志さんかぁ。彼には是非とも小沢事件の検察審査会手続きにおいて桜井誠が申立人だった事実をどう考えるのかを聞きたいもんですなぁ、あれが市民革命と仰るならw

@rusuban_the_3rd
それは昨日からさんざん@tetsugakushaセンセに訊いてるんですが反応なしです。桜井の容疑が授業妨害なのに


@kijinyaa
小川仁志さんへの批判者は論理的に批判し、彼の擁護者は感情的に擁護する。これだけ見ても、小川仁志さんは哲学者じゃないと思う。

小川仁志センセ「どうやら哲学ブームは本物のようです。ああ、生きてて良かった・・・」 生きている意味を問い続けて苦悩するのではなく、『週刊東洋経済』を読んで自らの人生に感謝する。これが哲学者なら、確かに哲学の世界で革命的なことが起きているのかも知れない。市民革命も起こるだろうw

@rusuban_the_3rd
数ヶ月前の僕なら、同じ感想を持ちました。ただ、ここへきて、これが「哲学」の正体だなあ、と考えています。ただ小川センセは、高専の社会科教師として自らのコメントを説明すべきです。


@gaitifujiyama
しかし東洋経済の編集部もだ、哲学特集で竹中平蔵や大前研一に話を聞かんでも良かろうに。他にいるでしょ、幾らでも。


@rusuban_the_3rd
しつこいようですが、これが「哲学なるものの限界と正体」なのだと考えます。だから、結果的に「(・∀・)イイ」特集だと思いますよw


@kijinyaa
なるほど。工藤直子の「てつがくのライオン」を読んで、もう少し哲学について考えてみます。

@rusuban_the_3rd
さて、僕だけじゃなく、@gaitifujiyamaさんや、@kijinyaaさんも、@tetsugakusha小川仁志センセの言動に疑問をお持ちですよ。そろそろ本人不在でも、どなたかドゥギャってくださるとありがたいです。


@rusuban_the_3rd
まあなんにしても、ああいう発言をしてしまう人が@tetsugakusha(哲学者)というHNを自称するところが象徴的で面白い。ついでに言えば、HNって自意識が出てニヤニヤしますね、「本の先生」とかw


@kijinyaa
哲学者と名乗ることが嬉しくてしょうがないんでしょうね。なら、せめてライオン並の見かけが欲しいw

『てつがくのライオン』 ライオンはてつがくをやった時のようすをしてみせた。「ああ、なんていいのだろう。あんたの哲学はとても美しくてとても立派」「そう、ぼくのてつがくはとても美しくてとても立派なの?ありがとうかたつむり」ライオンは肩こりもお腹すきも忘れてじっとてつがくになっていた。

『てつがくの小川さん』 小川さんはてつがくをやった時のようすをしてみせた。「ああ、なんていいのだろう。あんたの哲学はとても美しくてとても立派」「そう、ぼくのてつがくはとても美しくてとても立派なの?ありがとうかたつぶり」小川さんは肩こりもお腹すきも忘れてじっとてつがくになっていた。

留守番さんの言うことがだんだん理解できてきたw

BC450年頃のギリシャ。働くのは異民族の奴隷で、家事は女性。暇を持て余す男たちに、「自然哲学」は廃れ、「弁論術」が大流行した。現代のソフィストとして竹中平蔵や大前研一を選んだのなら、東洋経済の編集部は正しいのかも!

@rusuban_the_3rd
そういう考えも充分ありですね。ただ、僕やフジヤマガイチさんよりも、@tetsugakushaセンセに聞かせてあげないと。ひとつ小川君を庇うと、彼は“本当に・マジで”我々が何を言ってるのかが理解できないのだと思います。あるいは、妬み嫉みで難癖つけてるんだと。


@kijinyaa
小川仁志センセの微妙な経歴やら現職やら考えると、本気でつっこむ気になれないんですよ。とりあえず、「この世界(自然)って何?」という問が根底にあるのが哲学という思い込みを壊してくれた彼と東洋経済編集部には感謝!

ああ、でも、これ(「小川センセは、高専の社会科教師として自らのコメントを説明すべきです」)は確かにそうですね。「哲学者」という肩書きに目を奪われて、大事なことを見落としてました。「哲学者」である影響は無視できても、「教師」としての影響はありますからね。

@rusuban_the_3rd
そうなんですよ。ましてや桜井の逮捕容疑が学校への授業妨害なんですからね。桜井の行為が「市民革命」である証明も。


さて、あえて「攻め口」まで拵えてあげたんだから、突っ込んできて欲しいものよ。

まあ全く予想通りながら、これが今夜唯一のツイートです。恥を知るより現世利益。実に哲学者らしい姿勢です。

@tetsugakusha
もう台風だなんて、夏はこれからだと思ったのに…。誰に文句を言えばいい? 「風土論」の和辻哲郎に言わせりゃ受け入れろってことになるのかな。


@nem_ran
これはすごいww


@rusuban_the_3rd
すごいでしょ。前回のときは、@なしながら、まだなんか感情的反応くらいはあったわけ。今回は見事にスルーの@tetsugakushaセンセ。ちなみに彼も僕をフォローしてるから、DMで「もう勘弁してください」と言うこともできるのにねw


@kijinyaa
@tetsugakusha 人類最初の哲学ブームは古代ギリシャの時代。働くのは異民族奴隷で暇を持て余す男たち。「この世界って何?」と問いかける「自然哲学」は廃れ「弁論術」が大流行。善とか悪とか舌先三寸。哲学は現世利益のアクセサリー。 真の哲学者なら、ブームの再来は喜ぶことなの?

@rusuban_the_3rd
これが、小川“哲学ブームは本物”仁志センセの最新のご発言。あれ、「桜井誠の市民革命」は?


@tetsugakusha
いつもあり得ないことが起こる。ピンチの連続。でもすんでのところでセーフになる。ときどきすごくラッキー。全体的には上の下。これまでの僕の人生です。


ということで、「哲学者の正体」へと続きます。

きじにゃあは「哲学者」小川仁志先生を応援しています。
[PR]
by kijinyaa | 2010-08-13 14:51 | 哲学者

哲学者の法意識

哲学者って、知的指導者のイメージありませんか? だって「哲」には、明らか(明)、事理に明らか、さとし(敏)、知る、ものしり、賢人・知者の意味があるんですから。
そんな思い込みを打ち破るかのように、ひとりの「哲学者」の感情むきだしのコメントが新聞紙上に載っているのを知って、きじにゃあは椅子から転げ落ちるほどの衝撃を受けました。


「検察が技術的な問題で起訴できなかっただけで、国民は誰も小沢さんの言う通りなんて思っていない。不起訴では永遠の灰色のままだ。シロでもないのに政治の世界に君臨してもいいのか」
2月5日付・東京新聞特報面より (小川仁志「哲学者・徳山高専准教授」)


「議決文にあるようにどう考えても小沢さんが白はと言うのはおかしい。検察が出来ないのであれば市民がやる、ということ。ある種の市民革命だと思う」
4月28日付・東京新聞特報面より (小川仁志「哲学者・徳山高専准教授」)



どちらも民主党・小沢幹事長(当時)の政治資金問題、いわゆる陸山会事件に関するものです。
学校で習った「推定無罪の原則」もなんのその、起訴もされていない段階での「灰色は黒だ!」みたいな言説が近頃のマスコミ・政治家の間にあることは、きじにゃあも承知しています。
でも、「哲学者」が証拠も挙げずに、「検察が出来なければ市民がやる」「ある種の市民革命だ」と感情ムキ出しで市民リンチを煽るようなコメントは、どうよ? と素直に思います。
といって、2つのコメントだけ見てすべてを決め付けるのは愚者のすること。「ここは我慢だべ!」と自制をしていたら、ツイッター上で「哲学者」さんに接触を図られている方がいました。
直接のリプライは貰えなかったようですが、感情的な反応を引き出すことには成功したようです。
以下にそのやりとり(?)を採録し、「哲学者の法意識」なりお人柄について、みなさんが考察する一助にしたいと思います。


@rusuban_the_3rd
小川仁志なる自称“哲学者”が、「小沢起訴相当は市民革命(検察が裁けぬ悪を市民が裁いた:大意)」だと東京新聞でコメントしていた。産経新聞か日共なみのキチガイだ。今回の件は、本当に良い「キチガイ炙り出し」になるね。高村薫にもガッカリだし。

twitterにいましたよ「哲学者@tetsugakusha」ですって(笑)。「みんな基地が嫌なのにどうしてなくならないんだろう…。 」などと書いてます。嫌いなだけで存在がなくせるという思い込める人を「哲学者」というようですよ。

HNから察するに@harrier1970さんも自称哲学者(@noborutaさんのことじゃないですよ) @tetsugakusha氏も僕も1970年生まれなんだよねえ。だからどうしたって話ですが。小川君のフォロー対象にムギ勝間センセがいて死ぬほど笑った。

小川仁志クソがやってきたときのために→「小川仁志」でリアルタイム検索してご覧!
「小沢を批判して『市民革命』だなんてコメントした俺、カコイイ!!いまごろ絶賛されてるぜ」と思ってみたら、まあこんなもんです。次は「哲学者は迫害されるもんだ」ですか?小川さんw


@tetsugakusha
小沢氏「起訴相当」に関する私のコメントが、今朝の東京新聞に掲載されました。それがまた「やじうまワイド」かなんかで紹介されたそうです。

おい、今更検察審査会の制度がおかしいなどと言い出すのは変じゃない?

エリート検察官が一人で決めるほうが常に正しく、安全で安心だというの?

11人の市民はたった11人じゃなくて、1億2千万人の市民の代表でしょ?


@rusuban_the_3rd
選出方法がまったく解らない「11人」を1億2千万の標本だと考えられる能天気な方が「哲学者」ですか。すげえ。真面目に徳山高専で「担任」までされちゃってる学生が気の毒だ。

rusuban_the_3rd @noborutaさん、哲学者センセ@tetsugakushaさんが面白いこと書いてますよ、見に行ってあげてください。

@eastwing1
留守番さんお客さん来ちゃいましたね

@rusuban_the_3rd
お客さんじゃないんですよ。哲学者センセをリツイートしたのは、他ならぬ「僕」です。コメント付ける前に晒して差し上げようかと思いましてw。読者サービスですわ。

自称哲学者にして市民革命家@tetshugakusha氏は読んでもわからないから読む必要のない。@hanayuuさんのブログ。http://alcyone.seesaa.net/article/148133428.html

“哲学者”センセの著作の売れ行きを調べてもらった。ビックリした。このデータを知った上でチャレンジする中経出版は真面目に偉い会社だと思った。僕も企画持ち込もうかな。

@harrier1970
リベラリズムが専門なのか~そりゃ是非、「市民革命」の真意を教えて頂きたい

@rusuban_the_3rd
「11人の市民はたった11人じゃなくて、1億2千万人の市民の代表でしょ?」という名言も残されましたしw そんな哲学者・小川センセのお仕事→http://bit.ly/bGEFuW


@SEXhsKF7
地方議員だが,標準的な「しがらみのない」民主党議員の意見はこんな感じだと思う。

目黒区議つちや克彦 活動記 » 検察審査会 起訴相当
幹事長の件で起訴相当の議決が出たのは、個人的には分かりやすいからいいんじゃないかと思ってる。
ただこれが出たからには、当人が出処進退を考える必要がある。検察審査会は民意の象徴のひとつだからだ。  
起訴されたら有罪になるか?と聞かれれば、たぶん無罪になるだけだろうと思う。起訴相当の議決が出て困る時は「それまでの検察の捜査が甘い」場合で、今回のように検察が威信を賭けて家宅捜索を重ねて、現金まで持っていって番号をチェックしたような事例では、検察が起訴できないと判断したものは、それ以上なにを捜査すれば良いのかという事になる。  
そこまで見えていても、これは個人の問題での判断。政党の、それも政権与党の幹事長ともなれば、政党のために考えるべきものがたくさんある。幹事長とは泥をかぶる仕事だ。


@rusuban_the_3rd
なるほどね。この見方に与するわけじゃないけど、こういう見方はあるだろうとは思う。「民意の象徴」という言葉の使い方が不用意すぎるけどね。まあ現場で票をもらう立場なら仕方ないか。

…と書いて気づいた。「検察審査会は市民革命」と喚いた@tetsugakushaセンセのモノの考え方は、学者じゃなくて政治家だったんだな。妙に納得したぜ!


@tetsugakusha
オバマ!頼むから戦争を止めてくれ~。


@rusuban_the_3rd
おはようございます。「オバマ!頼むから戦争を止めてくれ〜」とだけツイートしたり、「(世界で経済問題がたくさんあるから←ここまで僕が親切に意訳)誰かお金のいらない本当のキャッシュレス社会を作ってくれー」というのがブログのオチという、“哲学者”をどう思いますか?


@tetsugakusha
ところでこのつぶやき誰か読んでくれてるのか?


@rusuban_the_3rd
読ませていただいてますよ、僕は。いつになったら、「検察審査会は市民革命」発言の釈明か言い訳をしてくれるのかなあって。

検察審査会は市民革命”なる珍説を誇らしげに唱え、「自分のつぶやきを読んでくれている人はいるんだろうか」という問いかけに、僕が「読ませていただいてますよ」と返事をしてもまたもやスルーの@tetsugakushaこと小川仁志センセ。

そうかあ。@tetsugakushaセンセは、僕らをガン無視することに決めたみたいですよ。 徳山高専1年3組の生徒さんは気の毒だなあ。あと、倫理やら法学を学ばされる2年3年の学生さんも。

ちなみに、徳山高専1年3組の担任でもある小川センセの教えてる科目は倫理(笑)・法学(苦笑)・リベラリズム(爆笑)。僕は「あんたマジで検察審査会を市民革命だと思ってるの?」と先日からしつこく問うてますが、反応はありません。議論から遁走するのが、哲学者なのでしょう。


@tetsugakusha
30日のツイッターを哲学するイベント。久しぶりに激論する予定です。とくに日頃ネット上において匿名で私を中傷してくださる方と思いっきり激論したいですね。アンタら頼むから顔見せてくれ~!


@rusuban_the_3rd
小川センセ、こんな面白いこといってたんですねえ。しかし、「あえて匿名を選択する」という表現法に哲学者センセは思い至らないらしい

最近僕のフォロワになられた方にご説明申し上げると、この小川仁志センセ@tetsugakusha(「哲学者」がHNってのもかえすがえすすげえなあ)、検察審査会の小沢さんに対する1回目の決議が出た際に、「検察審査会は市民革命」と東京新聞でコメントされた徳山高専1年生の担任の先生です。

ちなみに、徳山高専でセンセは、「リベラリズム」を教えておられるとか。「検察審査会は市民革命」。すごいリベラリズムです。一時期ずいぶん粘着して差し上げたんですが、ノーリアクションだったんでほっといたんですが、相変わらず面白いです。フォローさせていただきますね。



如何でしたか? 「哲学者の小川さん」の「法意識」どころか、見たくもなかった頭の中まで覗いてしまったようで、きじにゃあは頭クラクラです。
ちなみに「哲学者の小川さん」は自称です。本来は敬称をお付けすべきかと思いますが、「哲学者の小川さん」さんでは、かえって嫌味なようで止めました。ご了承願います。


そして、いつしか人々の関心も薄れ、「哲学者の小川さん」にも平穏な日々が戻っていたであろう頃、突然の逮捕報道が…

朝鮮学校周辺で街宣、授業妨害で4人逮捕 (2010年8月10日19時24分 読売新聞
京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)周辺で拡声機を使い「朝鮮学校をぶっ壊せ」などと叫んで授業を妨害したとして、京都府警は10日、「在日特権を許さない市民の会」(本部・東京)幹部の川東大了(39)(大阪府枚方市)、西村斉(41)(京都市右京区)の両容疑者ら4人を、名誉棄損、威力業務妨害容疑などで逮捕した。

http://p.tl/yzaa

この「在特会」代表の桜井誠って人、陸山会事件の検察審査会への「申し立ては自分がした」と自分のブログで公表しているわけですよ。
しかも逮捕容疑が朝鮮初級学校への授業妨害。相手は小学生。相手は小学生。もう一度言う、相手は小学生。
はて? こんな右翼暴力団が申立人の「ある種の市民革命」って何? という疑問がふつふつと湧き、ソクラテスだって弁明したんだから、「哲学者の小川さん」にも弁明を聞きたいなぁ、まして高専教師だし…、と思っていたところに、ご本人の何ともお気軽なツイートが…

@tetsugakusha
私も特集してもらっている『週刊東洋経済』、もう読まれましたか? すごくいい内容です。哲学ブームは本物ですね


ということで、「哲学ブームと哲学者」へと続きます。

きじにゃあは「哲学者」小川仁志先生を応援しています。
[PR]
by kijinyaa | 2010-08-10 00:00 | 哲学者


きじにゃあのツイッター備忘録


by kijinyaa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
政治
社会
経済
事件
マスコミ
検察
検察審査会
TPP
豊洲汚染
新自由主義者の商売
ミツバチの大量死
冤罪

哲学者
萌え
ネタ系
情報
ご挨拶

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

検索

タグ

(110)
(84)
(77)
(66)
(30)
(18)
(13)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

その他のジャンル

NHK時計(木目調版)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

衆院選「樽床私案」提示…比例..
at 2012-02-15 20:00
この国の行く末
at 2012-01-17 22:04
野ブ田の武器
at 2012-01-17 20:59
あゆ離婚
at 2012-01-17 15:26
蓮舫、事実上のクビ
at 2012-01-17 14:21
第2の村木事件になってきた小..
at 2012-01-17 13:10
みず、ぽたん… ┐(´_ `..
at 2012-01-16 14:04
僕らはオザワン撲滅団
at 2012-01-14 09:11
谷垣「増税の資格があるのは自..
at 2012-01-08 13:49
ジョニー・ウィアー、NYでボ..
at 2012-01-04 23:18
キティちゃんのお口の秘密
at 2012-01-04 16:48
前原の哀しい一人芝居
at 2011-12-24 12:03
大阪市、救急車有料化検討
at 2011-12-24 10:21
倉田薫・前池田市長の怨歌メドレー
at 2011-11-28 19:31
おっぱいでかけそば
at 2011-11-06 21:01
羽柴秀吉、出陣せず
at 2011-11-05 17:31
冬が来る前に
at 2011-10-31 13:04
名前に21がつくものは…
at 2011-10-22 13:27
うにせん
at 2011-10-15 18:00
すき家の現実に学ぶ、TPP参..
at 2011-10-13 11:01

訪問者数

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧