タグ:MRA ( 4 ) タグの人気記事

賀川豊彦と世界国家運動の闇、そして神戸

@kijinyaa
こんばんは。昨日からシンディの歌をずっと聴いているんですが、歌声と容貌がだんだんと綾戸智絵に被ってきました。だからシンディと大阪のイメージが重なるのかと納得。ちなみに上戸彩が人気が出始めたとき、「何で綾戸智絵が若い男の子に人気なん?」と思ったのは内緒(笑)

@pristinanomine
ああ、言われてみたら(ノ∀`)アチャー 大阪は地方都市なので皆なんとなく油断してるんですよ。それでざっくばらんになれるでしょうね。関西の中でも阪神間や河内と、京都や神戸はまた少し違いが。ヤッシーが昔、神戸について面白い記事を書いてたので、今度探しておきますね。


@kijinyaa
東京からみると、神戸って何故か良いイメージがありますね。で、実際に行ってみると、少しイメージが違う感じです。ヤッシーの記事、急がないのでよろしくお願いします。(*´∀`)ノ


@pristinanomine
ファイルのお届けです。 つ 田中康夫 「KOBE」、その引力と斥力

ヤッシーの神戸考察です。神戸というのは、南大阪から見ていると「関西の東京」と言いたくなるようなところです。もちろん下町はまた違うようですが。。。


@kijinyaa
ヤッシーの記事、どうもありがとう。色々と示唆するものがあり、興味深く読ませて頂きました。神戸は山口組発祥の地な訳で、それを生んだ社会構造はあって当然。やはり土地を知るには、人と社会を合わせて知らないとダメですね。ひとつ考える種が増えました。(*´∀`)ノ


@pristinanomine
ヤッシーの記事、今回、読み返したら、うーんやっぱり良いところ突いてるじゃないか。小沢ファンとしては、こういう人があと3人でもオザワンの周りに居ればと思います。松木けんこうが100人いてもねぇ。

K女学院(大変なお嬢様学校)出身の大学の友人が居ます。大阪の下町の子だったけど。彼女が震災について話した第一声は「大好きだった礼拝堂のパイプオルガンがぐちゃぐちゃで、すごくショックだった」うーん、一番ショックだった事がそれかあ。。。と印象深かったことを思い出しました。


@kijinyaa
ヤッシーの記事、色々な読み方ができますね。神戸そして賀川豊彦がその後の日本に与えた影響もじっくり考えてみたくなります。それらは米国流地球主義(後のグローバリズム)が日本に浸透してくる尖兵だったとも思えます。

ヤッシーは直接言及してませんが、賀川豊彦の正の面だけでなく負の面も見えていると思います。その象徴としての神戸なのでしょう。今、ヤッシーが親米から距離を置いているのも、きちんとした歴史認識からきているのだと思います。

さらに興味深いのは、変節漢・賀川という批判に対して「永久運動体としての賀川」という形で積極的に評価している点。政治家・社会運動家は社会・時代と主に変わっていくべきであり、小沢さんの凄さもそこにあることを、ヤッシーはしっかり見定めているようです。

@pristinanomine
実は、賀川豊彦と加賀乙彦の区別がつかなくて、ググった私です。賀川豊彦のあり方が神戸という町に良く似ているのだなと思いましたが、きじにゃあさんのような深い読み方は出来ませんでした。ヤッシーは是々非々ができる人なんですよね。

感覚的には掴めたと思っているのですが、賀川豊彦の負の側面と米国流地球主義、そして神戸、この三者の関係についてはきじにゃあ師匠の解説を是非是非お願い致します。m(_ _)m  なんか今日のTLも山椒魚が大暴れ状態で。。。息が詰まるぅ。


@kijinyaa
僕は文学者としてのヤッシーはあまり積極的に評価していないのですが、政治家としてのヤッシーは高く評価してます。政治では理念だけでなく、是々非々が大切ですから。賀川豊彦については僕も名前しか知らなくて、今回ちょっと経歴を調べただけですが、それでは現時点での印象を。

@pristinanomine
わかりますぅ。私「なんとなくクリスタル」読もうとも思いませんわ。作家的知性を生かした政治家が彼のベストな姿だと思います。では賀川豊彦についての印象、お待ちしております。



@kijinyaa
賀川豊彦の経歴をWikiで辿ると、神学校入学→社会事業家→米国留学→労働運動・農民運動→戦争への協力(戦時中)→日本社会党結成→「一億総懺悔運動」への協力(戦後)→内閣参与や勅選貴族院議員→世界連邦運動→ノーベル文学賞・平和賞候補。

証言では、「賀川への批判が連合国軍総司令部 (GHQ) により封じられていた」、「民間人として初めてマッカーサーに会った人物」。ハンセン病患者への宣教と慰問活動から、優生学に傾倒しハンセン病患者の淘汰を目的とした無癩県運動へと活動の重点を移す。

Wikiの記事だけでも、米国の支援と加護があったことが伺えます。市井の人間が突然表舞台に立ち、戦前・戦後を通じていろいろな形で裏側から日本を変えようと活動していて、それを米国内のある勢力が支えている。そういうものがあると思います。

優生学への傾倒も、ある価値観で地球を統一しようとする地球主義の裏返しとみることができます。そして、ノーベル文学賞・平和賞というものも、地球主義を推進する道具でもあるわけです。以上、ざっと見ただけでも、賀川豊彦にはMRAと同じ匂いを感じるわけです。

最後に神戸について。ヤッシーの言を借りると、神戸は階層社会で、下層の人々は上流に属するもの(チョコレートと異人館と六甲山の緑、そして海)を無意識に自分たちのステータスと置き換えて自己像に耽溺し、ピラミッドを受け入れている。これは米国と同じ支配構造です。

@pristinanomine
その神戸観に納得です。千林の鉄工所の娘(お金はあったのでしょうが)すら酔わせたパイプオルガンも、異人館と同じなんですね。その耽溺は、阪急神戸線で西宮を過ぎたあたりの風景の変化から始まるのでしょう・・・。あの町には、どこまでも現実感どろどろの大阪と、全く違う空気が流れています。

MRAは道徳再武装運動でしたね。貧民救済運動をやっていた人が戦争に協力、優生学に傾倒。一見、辻褄が合わないのですが、そういう舞台裏が。。。彼が直接MRAと関係があったということは考えられますか?


@kijinyaa
賀川豊彦とMRAとの関係をうかがわせるものがこちら http://p.tl/MtL1 の年表にみられますね。1949年「世界連邦会議並びに道徳再建設運動(MRA)に招聘をうけて、渡航願書をG.H.Q.に提出したが許可されなかった。」

@pristinanomine
ほんと、ばっちり書いてありますね。でも許可してもらえなかったんだΣ(゚д゚lll)ガーン 賀川記念館だけあって、戦争翼賛や優生学のことは触れてない。。。MRAは良いってことなんでしょうか(笑。


@kijinyaa
地球主義というより世界国家運動という言葉を使ったほうが良いのかも知れませんね。賀川豊彦が主導した「神の国運動」というのは世界国家運動だと思います。戦争に協力した理由は、世界国家樹立のためには日本という国家は一度滅んだほうが良いという考えで説明がつきます。

渡航許可が出なかったのは、米国と世界国家を主導する勢力が完全に一体というわけではないですから。だから賀川豊彦も首相候補やノーベル賞候補に押されても実現はしてません。で、これだけ社会的影響力があった(らしい)のに今では表立って語られないのはMRAと同じ。不思議だけど、それが必然なのかも。

@pristinanomine
なるほど、戦争賛成はそういうひねりでしたか。しかし「世界国家」って、幼稚園の発想じゃないですか?だんだん賀川氏がアメリカンキリスト教の鬼っ子のように見えてきたぞ。。。加賀乙彦と区別がつかなかった人が首相候補になってたことに驚きました。今、彼の影響力の名残って、生協ぐらい?


@kijinyaa
今の米国流グローバリズムは「世界国家」運動そのものですよ。連邦準備制度は通貨発行権を国家から切り離し、民間団体である連邦準備銀行に譲り渡したもの。ちょっと前に話題になった食品安全近代化法は、自国の食の安全と食糧供給に関する主権を、世界貿易機関(WTO)と国際食品規格(Codex Alimentarius)に譲り渡すものだと言われています。着々と手は打たれています。

そういう意味で、賀川豊彦は米国キリスト教の鬼っ子というより、キリスト教原理主義の尖兵だと思います。表立って残っているのは生協くらいですが、日本を米国的価値観の国に変えるという本来の目的からすれば、既に目的は達成しているのかも知れませんよ。

たとえば日銀はこの震災に際しても、復興よりも通貨の信任性を重視するようなことを言っています。日本という国家よりも大きな意志を忖度して動いている。そういう価値観が刷り込まれているような、そんな気がします。そうした流れを後押ししている、小さな政府を唱える勢力・政治家には注意が必要です。

@pristinanomine
世界国家、世界がひとつの国なら戦争はなくなるよね、みたいなものかと思っていたら、グローバリズムのことでしたか。「官から民へ」は、政府の非効率を圧縮しようという表の顔と、国家の絶対性を削ぐという裏の顔があったんですね。でないと、食品近代化法や水道民営化なんて思いつかないか。


@kijinyaa
MRAが宗教的価値観からの社会変革運動であったように、グローバリズムも実はある宗教的価値観に支えられたものだと思います。国家・民族・宗教などの多様性を否定して、ある単一の価値観で地球を統一しようとする裏には、唯一の宗教になろうとする勢力がいる筈。

米国は国家の機能を少しずつ切り捨ててますからね。「官から民へ」は、実は「官の私物化」であることは、郵政民営化でも明らかになりましたよね。ユダヤ人ということではなくて、ユダヤ的な価値観がグローバリズムの裏にある気がします。

@pristinanomine
そうですね。痛恨の郵政民営化・・・(ノД`)シクシク ユダヤ的価値観ですか。。。これはまた、思いつきもしませんでした。


@kijinyaa
たとえば企業を評価するときに、社会的な貢献とか社会的な責任ではなくて、株式の時価総額で評価するような、そういう価値観。国際金融資本がひとつの実体かな? 米国のキリスト教原理主義は限りなくユダヤ教に近いものだそうです。これがグローバリズムやネオコンを支援してます。

@pristinanomine
「換金価値」に重きを置く感覚なんでしょうか。ヴェニスの商人を思い出してしまった・・・。ユダヤ的=キリスト教原理主義の考えは、資本帝国主義と親和性が良いのですね。うーん、これまでグローバリズム経済面の影響だけで捉える事が多かったですが、それでは半分しか見えてないってことですね。


@kijinyaa
ユダヤとは国家でも人種でもなく、思想なんでしょうね。大抵の人は国やその文化を当たり前として生きているけど、自分の国を持たずに流浪してきた人たちにとっては、それらは自分たちを縛る制約でしかない。で、それらを否定する新自由主義的思想が生まれた。

金融の世界は彼らにとって得意分野で、その価値観を広めていくのに最適な分野でもあった。それをさらに推し進めて、国家・民族・宗教などの多様性を否定してある単一の価値観で世界を統一しようとするのがグローバリズムで、それが米国の覇権主義と結びついた。

@pristinanomine
非常に明瞭な説明で、さすが師匠。社会的評価ではなく換金価値が会社の価値になるのも、国がなく、いつ追われるかわからない人たちの考え方なら納得が行きます。能力や才能だけを頼りに生き延びてきた人たちが、自分達がより有利に振るまえるルールを作ろうとするのも当然ですね。

アメリカにユダヤ系の人が多いのも、加速させる要因ですよね。こういう価値観しか持ち得なかったことには少し悲哀を感じます・・・。


@kijinyaa
そうなんですよ。彼らが巧妙なのは、完全な自由意志で行動する人間を前提に置いていること。これはリベラルな人が理想とするものなので、リベラルな人ほど新自由主義に嵌りやすくなります。その前提には平等で対等な関係が必須なんですが、そこは隠されている。

その結果、多くの人が知らない間に彼らの土俵で競うことになる。勝敗は最初から決まっているようなものです。ここにも上層の理想を目眩ましにして下層の人間がそれを受け入れるように仕向ける、神戸の階層社会と同じ罠が用意されているわけです。

@pristinanomine
リベラルを志す人は旧弊を嫌う=国や共同体から自由になりたい意志が強い。国を頼らないことで成り立っている新自由主義に引き寄せられるのですね。古い権威から逃れて、裏でヤクザが支配している都会に絡めとられる若者みたいですねぇ。


@kijinyaa
うまいこと言いますねぇ。なぜか尾崎豊を思い出しました(笑)。

@pristinanomine
そうそう。尾崎豊は学校や親から逃れる歌を芸能界の大人に売ってもらって、最後は野垂死にしましたもんね。尾崎豊ではなく矢沢永吉になりたいものですよ


@kijinyaa
尾崎豊って、何故か都会的な感じがしないんですよね。都会よりも地方の若者に受ける感じ。できれば、あのまま生きていて、斉藤由貴と不倫の末に結婚とかして、二人でまるまる太った姿がみたかった(笑)。

@pristinanomine
尾崎の田舎臭さは確かにおっしゃる通りですね。あの時代、都会の若者はフリッパーズ・ギターを聴いていたのかな?斉藤由貴を見るたびに早世した尾崎と比べてしまいます。女は強しですなあ。


@kijinyaa
「小公女セイラ」の斉藤由貴は良かったです。良い意味で鈍感さを演じられる女優になりました。たぶんそれが本来の斉藤由貴なのかな。女性は変わったようにみえても、本質的なところは変わらないんですよね。女性は強いです。そうでなければ人類ここまで続いてません。

そういえば、フリッパーズギターで渡辺満里奈を思い出してしまいました。確かグループ解散理由が渡辺満里奈の取り合いでしたよね。で、毎日夜中に小沢健二に呼び出されて食事に付き合っていたため、「もじもじくん」に出演中の渡辺満里奈はお腹がぷっくりしてました(笑)

@pristinanomine
満里奈ちゃんも今や良いお母さんですねぇ。名倉と結婚したときはびっくりしたなあ。斉藤由貴と同じく、不思議に安定感を増してきた感じ(体型は細いままですが)。フリッパーズギターの満里奈取り合いは、当時子供だった私にも衝撃的なアホらしさでしたなあ。


@kijinyaa
あ、そうか! 渡辺満里奈は名倉と結婚したんだった!当時も驚いたけど、あらためてびっくりだ!(笑)

@pristinanomine
神戸を見ればグローバリズムと新自由主義が判る。書いたヤッシーもここまで読み解いた人が居たと知ったら驚くのでは。


@kijinyaa
賀川豊彦や当時の文献を読み込んでいるわけではないので、今は単に印象を語っているだけですが、大筋は外してないと思います。「賀川豊彦と世界国家運動の闇、そして神戸」、そんな切り口で眺めてみると、今まで隠れていたものが見えてくる。それはグローバリズムや新自由主義の本質を理解するためにも、意味のあることのように思います。



「きじにゃあのツイッター備忘録」 MRA関連エントリー
民主党は民社党
松下政経塾とMRA
松下政経塾と小沢塾
賀川豊彦と世界国家運動の闇、そして神戸
[PR]
by kijinyaa | 2011-03-26 22:44 | 社会

松下政経塾と小沢塾

@pristinanomine
まとめ(拙記事「民主党は民社党」 http://p.tl/YzTR )有難うございました。富士政治大学校・・・すごい名前(汗。政経塾はやや右、民社党は社会党ずるい版(うちの家庭内用語)で一応左、どこに類似点がと思っていたのですが、政治を「塾」や「学校」でマスターしようという発想自体がちょっとすごいことだと今気付きました。

で、いま副島さんと宮本百合子さんの文章( http://p.tl/ZcXl および http://p.tl/ilQA )を読んできました。MRAが政経塾と民社のミッシングリンクだったみたいです。反共産主義、労使協調では確かに両者一致しますねぇ。右とか左っていうのは単に高市早苗と江田五月のイメージの違いにすぎませんでした。あは。


@kijinyaa
こんばんは。今夜はさとこさんのTLを占拠したみたいですみません。政治を「塾」や「学校」でマスターするのは、まだ良いんですが、お給料が出るんですよ。これが廻りまわって、国民以外への忠誠心に繋がっていくような気がします。その点、小沢塾は塾費を払うだけ。

@pristinanomine
こんばんは。いえいえ、岡本さんとの会話すごく面白い(拙記事「松下政経塾とMRA」 http://p.tl/XlCv )。中村さん(@NakamuraTetsuji 中村てつじ民主党参議院議員)もしれーっとツイートしてて凄いなって思いましたもん。多分アメリカは堂々とやってるんでしょうね。「政治家ご招待」が陰謀なら、フルブライト奨学金も給食もなんでも陰謀になっちゃいそう。

政経塾のお給料、初めて聞いたとき「?」と思いました。裕福でない人に政治の道を付ける点ではいいけど、脇が甘くないかと。そういえば小沢さんも政治塾やってましたね(これぞブーメラン)。松下のは管理職養成講座、小沢さんのは落語家の内弟子修行風?


@kijinyaa
松下政経塾は松下電器グループの言わば従業員、富士政治大学校は各企業労組からの派遣扱いみたいなものですからね。生活の面倒をみてもらっているわけで、卒塾後もそれなりの忠誠心は生まれるでしょう。小沢塾はお金払ってるので、卒業後も塾生は自由に文句を言えます。(笑)

@pristinanomine
そういうところ、合理的で妙に小沢さんっぽい・・・(笑)


@kijinyaa
ですね。でも、健全だと思います。松下政経塾は(広い意味で)何らかの見返りを計算してるはずです。

@pristinanomine
これぞ「そろばんずく」


@kijinyaa
浪速の商人ですからw でも、本当に大阪商人って、損して得取れ、みたいな感じなんですか?

@pristinanomine
大阪独自かどうかは判りませんが、商売の本質(基本相手の方が優位な交渉ごと、でも損してはならない)を言い当ててるかも・・商売=大阪で、大阪商人のイメージになった
とか。

@kijinyaa
だったら、外交は大阪商人に任せるのが一番ですね。笑

@pristinanomine
ほんとだ、悲しい・・・いつも相手が優位(に見える)。




「きじにゃあのツイッター備忘録」 MRA関連エントリー
民主党は民社党
松下政経塾とMRA
松下政経塾と小沢塾
賀川豊彦と世界国家運動の闇、そして神戸
[PR]
by kijinyaa | 2010-11-17 22:26 | 政治

松下政経塾とMRA

@kamitori
松下政経塾とは?~ 日本はロックフェラーに都合の良い市場にされている (日本を守るのに右も左もない)
松下幸之助は共産主義に対抗すべく、ロックフェラー系組織であるMRAの労使協調路線に倣ってPHP思想を作り、やがては松下政経塾を創設した。

http://p.tl/wKIG

@kijinyaa
松下政経塾絡みで、よろしければ、こちらもどうぞ!
【きじにゃあのツイッター備忘録】 「民主党は民社党」 http://p.tl/YzTR
民主党が自民党よりタカ派である理由を、その出自から説き明かします。是非ご覧下さい。

@kamitori
労使協調で、組合つぶしの民社ですね。昔会社ぐるみの選挙活動wpやらされてました!!


@kijinyaa
そうです。

@kamitori
松下政経塾の背景(るいネット)
副島隆彦です。今日は「松下政経塾が遂にその本性を顕わして蠢動を始めた」を書こうと思います。この動きが、今の日本の政界の最大の内部の動乱要因なのです。
http://bit.ly/a66eWS

@keiichi__
副島さんは早い時期から松下政経塾の本質を見てたんですね


@kijinyaa
副島氏も触れてますが、根っこはMRA。MRAについての警告は、昭和26年に既に宮本百合子が書いてます。つ http://p.tl/ilQA

@keiichi__
宮本賢治氏の奥さんですね。その頃から…


@kijinyaa
そうです。だから、真の政権交代には2、3世代かける覚悟が必要なんです。

@keiichi__
今の共産党には全く共感する部分はありませんが、不破さんあたりまでは多少は共感してたのですが…


@kijinyaa
共産党の話は別にして、読み取って欲しいのは片山哲がMRAに取り込まれる様子です。中村哲治氏が、「菅首相は落選中に米国を3週間訪問するプログラムの経験者」とツイートしていたことは、実に興味深くないですか?

ちなみに、「菅首相は落選中に米国を3週間訪問するプログラムの経験者」という話は、こちらにまとめてあります。 つ 「低気温のエクスタシー」 http://p.tl/-oD8

@kamitori
政治家官僚にそういうことをやっていたんですね。


@kijinyaa
米国の工作活動は、陰謀でなく、こういう形でエージェントを増やしていくのが伝統的で主な手法だと思います。

@keiichi__
あのツイートを見たとき、中村議員の判断にホッと胸を撫で下ろしました


@kijinyaa
それと同時に、菅首相の秘密の暴露ですからね。すごいですw

@keiichi__
次のリーダーと言われて悪い気がする人はいませんからね


@kijinyaa
既にその気になっている人が、いますからね(笑)

@keiichi__
今、日本にとって一番危険な日本人、前原ですね


@kijinyaa
あっ! 言っちゃった!(笑)

@kamitori
菅の息子の源太郎が、去年まで学生で最近、菅直人の推薦で政策秘書に試験なしで採用になったようですが、学生時代に何か関係したかもしれませんね。http://p.tl/ojrq

@pristinanomine
学生のとき民主党青年部で選挙お邪魔虫隊をやってたんですよね、この人。


@kijinyaa
そのころの様子はこちらで分かります。小宮山洋子も登場します。
つ 「菅直人の息子とゆかいな仲間たち」 http://p.tl/6vLJ

@kyuumei
米国とかヨーロッパは分析したり、分けたりする事が物凄く得意な民族だと感じます。


@kijinyaa
周りを他国に囲まれているか、島国かの違いなんですかね?

@mbjoh
MRAって、いきなり、そんなの常識のように言われても判んないね

@pristinanomine
わたしも最初なにかなーとおもってMRAで検索したら、どっかの会社の名前でした。英語の略称はダブりやすい上に意味が消えてしまうので、漢字って凄い便利だなあと妙なことに感心したのでした


@kijinyaa
失礼いたしました。MRAの名を出したツイート、およびその前のツイートのリンク先にMRAのことが書いてあるので、最初から会話に加わってる人には分かる前提で書いていたんですが、ツイッターの場合には、途中から見ている人がいるということですよね?今後はできるだけ善処します。

@mbjoh Nov
こちらこそ、失礼しました。そこまで考えませんでした。


@kijinyaa
いいえ、こちらこそ、あらたな視点が得られました。今後ともよろしくお願いします。Ο┐ペコリ
ということで、補足です。

【MRA道徳再武装)について】
キッチリ説明した学術的文献はないです。ネットでしたら、「MRA 民社党」でググって断片を探していくのが一番です。参考になりそうなリンクを、以下に貼っておきます。


★不可視の学院
「カルトの世紀 道徳再武装と松下政経塾 (その1)」 http://p.tl/O9bE
「カルトの世紀 道徳再武装と松下政経塾 (その2)」 http://p.tl/UssJ

全体を俯瞰するには、一番の資料です。CIA、統一教会などとMRAの繋がり、さらには松下政経塾とロックフェラーの繋がりについて書かれています。後の「湘南サウンド」の源流となったソフト・フォークの源流がMRAに根ざしていることなど、興味深いエピソードも。

・統一教会は、実はMRAを参考にして作られた組織である。統一協会・勝共連合は、MRAの「鬼っ子」である。
・統一協会が自民党と組んだのに対し、MRAは財界、民社党と結びついた。松下政経塾はその流れの中にある。
・経団連はMRAの別働隊であるとする見方さえある。
以上を前提に置くと、現在の政治状況が理解しやすくなると思います。


★「民社党・民社協会と「MRA」に関して覚え書き」 http://p.tl/jBrD

@rusuban_the_3rd 氏と @gaitifujiyama 氏のツイートを中心に、@mayaya_jujitsu さんがまとめたもの。
民社党が果たした役割について、的確に述べられています。
「清和会と民社党系人脈は同根であり一緒になっても不思議ないけど、一緒になっては意味がない。極にいないと意味がないと」という留守番さんの御意見は、実に卓見。松下政経塾がひとつの党にまとまらずに、いろいろなところに入り込んでいるのも、同じ意味があるのでしょうね。


★阿修羅♪
≪「MRA(道徳再武装)」、「松下政経塾」、「統一教会」、「CSIS」、などで検索した結果・・・・前編≫
http://p.tl/v8ED
≪「MRA(道徳再武装)」、「松下政経塾」、「統一教会」、「CSIS」、などで検索した結果・・・・後編≫
http://p.tl/nspF

各資料の中で、注釈的に他の資料のリンクが貼られているのが、親切です。長大な論稿であるため、咀嚼するには、かなりの覚悟が要ります。自分も全部は読みきれていません r(^_^;)

「忘れている人が多いかもしれませんが、小泉といっしょに郵政民営化を推進したのは松下政経塾である」ということを、指摘しています。
補足すると、松下政経塾出身の神奈川県知事・松沢成文は、小泉純一郎と共に郵政民営化研究会を立ち上げた「同志」であり、99年には小泉との共著『郵政民営化論』をPHP研究所から刊行しています。そして、PHP研究所は松下政経塾と姉妹関係にあるシンクタンクです。


「松下政経塾出身者に気をつけろ!」今はなき噂の真相の遺言。このことは、改めて肝に銘じておくべきことかと思います。


追記:
@rusuban_the_3rd
副島を参考にすると、モルガンが抜けちゃうんだけどなあ。そこを踏まえておけば読み甲斐はあります。




「きじにゃあのツイッター備忘録」 MRA関連エントリー
民主党は民社党
松下政経塾とMRA
松下政経塾と小沢塾
賀川豊彦と世界国家運動の闇、そして神戸
[PR]
by kijinyaa | 2010-11-17 20:19 | 政治

民主党は民社党

@Cruisingtrain
「松下政経塾出身者に気をつけろ!」今はなき噂の真相の遺言。

@pristinanomine
その意味がわかってしみじみとする2010年もうすぐ年末


@kijinyaa
松下政経塾は、民社党・同盟系の研修機関「富士政治大学校」と人的な連続性がありますからね。コンセプトやスタイルも酷似してる。

@rusuban_the_3rd
まあ実は、何十回も書いてるけど、この政権を「巨大な民社党の政権」だと思えば、すべては腑に落ちるんだよね。いまは噴きあがってる奴がいるせいで「疑獄事件」はすべて検察のでっち上げみたいに思っているバカがいるけど(そんな訳ないだろ)、例えば撚糸工連事件を振り返ってみたらいいんだよな。

@bcxxx
見限るの…遅いよね…。民社党が自民党よりタカ派なのは歴史の伝統。

「民主党」の書き間違いじゃないですよ。念のため。

保守二大政党の「野党」は、政権を取るために財界/軍産複合体の歓心を買おうと、与党よりも政治思想的にも経済政策的にも右傾化を強める。二党で右傾化競争をする。これ歴史の法則。

@rusuban_the_3rd
民主党は、極限まで肥大化した民社党ですからね。

@gaitifujiyama
なんて言ったって自由民主党結党時にビルトインされていた訳ですからね

@bcxxx
そういうことです。

@gaitifujiyama
随分前にも書いたけど、民社党(民主党でなく)が支持した外国の政権、または支持母体を見れば、今の民主党政権の性質は把握できる。自由民主党結党&岸政権誕生と社会党分裂から民社党誕生はコインの裏表の関係なんだということを、もう一度書いておきたい

@rusuban_the_3rd
ここに、無産運動からの流れも加味したらほぼ完璧。




「きじにゃあのツイッター備忘録」 MRA関連エントリー
民主党は民社党
松下政経塾とMRA
松下政経塾と小沢塾
賀川豊彦と世界国家運動の闇、そして神戸
[PR]
by kijinyaa | 2010-11-17 01:55 | 政治


きじにゃあのツイッター備忘録


by kijinyaa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
政治
社会
経済
事件
マスコミ
検察
検察審査会
TPP
豊洲汚染
新自由主義者の商売
ミツバチの大量死
冤罪

哲学者
萌え
ネタ系
情報
ご挨拶

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

検索

タグ

(110)
(84)
(77)
(66)
(30)
(18)
(13)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

その他のジャンル

NHK時計(木目調版)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

衆院選「樽床私案」提示…比例..
at 2012-02-15 20:00
この国の行く末
at 2012-01-17 22:04
野ブ田の武器
at 2012-01-17 20:59
あゆ離婚
at 2012-01-17 15:26
蓮舫、事実上のクビ
at 2012-01-17 14:21
第2の村木事件になってきた小..
at 2012-01-17 13:10
みず、ぽたん… ┐(´_ `..
at 2012-01-16 14:04
僕らはオザワン撲滅団
at 2012-01-14 09:11
谷垣「増税の資格があるのは自..
at 2012-01-08 13:49
ジョニー・ウィアー、NYでボ..
at 2012-01-04 23:18
キティちゃんのお口の秘密
at 2012-01-04 16:48
前原の哀しい一人芝居
at 2011-12-24 12:03
大阪市、救急車有料化検討
at 2011-12-24 10:21
倉田薫・前池田市長の怨歌メドレー
at 2011-11-28 19:31
おっぱいでかけそば
at 2011-11-06 21:01
羽柴秀吉、出陣せず
at 2011-11-05 17:31
冬が来る前に
at 2011-10-31 13:04
名前に21がつくものは…
at 2011-10-22 13:27
うにせん
at 2011-10-15 18:00
すき家の現実に学ぶ、TPP参..
at 2011-10-13 11:01

訪問者数

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧